あらの(一人)麻雀研究所

あらの(一人)麻雀研究所へようこそ!! 
オカルトでもデジタルでもなく、ロジカルに麻雀を研究するサイト


麻雀対戦機 開発日記

2008年9月14日 分析ソフト

コンピュータ麻雀対戦プラットフォームの構築に関して、以下のようなプログラムがあったらいいなぁという話を前の日記に書きました。

  1. 対戦機本体
  2. 分析ソフト
  3. 牌譜再生ソフト
  4. 牌譜編集ソフト
  5. 対人間用ソフト
  6. レポジトリ
  7. web対戦システム

ここでは、その中の二番目、分析ソフトについて書きます。

 

分析ソフトとは、麻雀対戦機で出力された牌譜データを読み込んで、様々な解析を行ってくれるソフトです。

東風荘スコア集計ツールとか、できすぎくんのようなものをイメージしてもらえればいいかと思います。というか、東風荘の牌譜ファイルと同じ形式で出力するようにしておけば、これらのツールが使えるはずです。

あと、一人麻雀練習機の詳細解析機能に入っているような分析も出来るようにしたら素敵だと思っています。

 

ただ、これらの分析ツールは、基本的には自分の対戦成績を集計するために作られたものです。

麻雀対戦機では、トーナメント戦やリーグ戦も考えていますので、そういうのに対応した機能というのが欲しくなってきます。

例えば勝率を見るにしても、単にAの勝率を見るだけでなく、面子の中にBがいるときの勝率、Cがいるときの勝率…というのを見てみると、アルゴリズム間の相性が見えてきますので面白いと思います。

そういうのを分析しようとすると、上にあげたツールではやはり不便ですので、そのあたりは新たに作らなければいけません。

 

それから、東風荘スコア集計ツール一人麻雀練習機の詳細解析機能は、GUI上で一通りの解析が完結するように作っていますが、集計結果をファイルへ出力し、他のソフトで解析をしたいという場合もあります。そのためのエクスポート機能もあればいいなと思います。

 

あと、大会を実際に行った場合を想定して、牌譜ファイルの集合を入力するだけで、結果詳細をまとめたwebページが自動的に生成できたりしたらとても素敵です。

 

前へ   開発日記トップ   次へ  

トップページへ戻る

 

Copyright 2006-2012  あらの(一人)麻雀研究所 All rights reserved.   あら ( ara999 あっと gmail.com )