あらの(一人)麻雀研究所

あらの(一人)麻雀研究所へようこそ!! 
オカルトでもデジタルでもなく、ロジカルに麻雀を研究するサイト


子が二人リーチしている場合

次に、二人の子がリーチをかけている場合について見ていきます。

子2と子3がリーチをかけている状態の期待値はこのようになっています。

 

 

リーチをかけている二人が500点程度のプラス、かけていない子が400点弱のマイナス、親は700点程度のマイナスとなっています。この状態から親である自分がリーチをかけたときの期待値が次のグラフです。

 

 

親の期待値は700点程度のプラスですが、他の三人についてはマイナスとなります。特に、一人だけリーチをかけていない子1については500点近いマイナスです。期待値の差分を計算すると以下のようになります。

 

 

子一人がリーチだった場合と同様に、親以外の三人は期待値が減少します。特にリーチをかけている二人の子については700点近くの減少になっています。親のリーチは非常に強力であるということ が分かります。

 

一つ上に戻る

トップページへ戻る

 

Copyright 2006-2012  あらの(一人)麻雀研究所 All rights reserved.   あら ( ara999 あっと gmail.com )