あらの(一人)麻雀研究所

あらの(一人)麻雀研究所へようこそ!! 
オカルトでもデジタルでもなく、ロジカルに麻雀を研究するサイト


親がリーチしている場合

次に 親からリーチが来ている状態について見ていきます。実戦で親からリーチが来ると、ついつい弱気になっておりてしまう事も多いかと思いますが、期待値的にはどうなのでしょうか?

まずは親のみがリーチをしている状態の期待値です。

 

 

親の場合は和了点12,000で計算していますので、和了確率20%だと期待値は2,400点です。子の三人は対等の立場なので、期待値は等しく-800点になります。この状態から子1がリーチをかけた場合の期待値が次のグラフです。

 

 

計算上、子1の期待値はちょうどゼロになります。リーチをかけたにも関わらず期待値がプラスにならないのです。自分がツモったり親から振り込んでもらう可能性もあるのですが、反対に親に振り込んでしまうこともありえます。これを合算すると、ちょうど損得なしになるということです。

 

 

こちらは、上の二つのグラフの差分をとったものです。先制リーチをかけていた親の期待値が大きくマイナス、自分は800点のプラス、他の二人も250点程度のプラスという結果になりました。

リーチをかけた子1がプラスになるのは当然としても、子2、子3の期待値の上がり具合も結構大きくなっています。親の一人リーチ状態でツモられるのを待つよりは、誰でもいいから勝負に行ってくれた方が得だということです。

 

一つ上に戻る

トップページへ戻る

 

Copyright 2006-2012  あらの(一人)麻雀研究所 All rights reserved.   あら ( ara999 あっと gmail.com )