あらの(一人)麻雀研究所

あらの(一人)麻雀研究所へようこそ!! 
オカルトでもデジタルでもなく、ロジカルに麻雀を研究するサイト


子が二人リーチしている場合

次に、自分以外の二人の子がリーチをかけている場合について見ていきます。子2と子3がリーチをかけている状態の期待値はこのようになっています。

 

 

リーチをかけている二人が500点程度のプラス、親は700点程度のマイナス、自分は400点弱のマイナスです。この状態から子1である自分がリーチをかけたときの期待値が次のグラフです。

 

 

リーチをかけている子三人が小さなプラス、親は大きなマイナスです。では、子1がリーチをかける前の状態とかけた後の状態の差分を計算します。

 

 

先行リーチが一人だった場合と同じような結果となりました。つまり、先にリーチをかけている人はマイナス、リーチをかけた人はプラス、関係のない人は微妙にプラスです。

リーチがすでに二人からかかっている場合でも、自分が聴牌しているのであれば果敢に勝負していって問題ない、という結論です。

 

一つ上に戻る

トップページへ戻る

 

Copyright 2006-2012  あらの(一人)麻雀研究所 All rights reserved.   あら ( ara999 あっと gmail.com )