あらの(一人)麻雀研究所

あらの(一人)麻雀研究所へようこそ!! 
オカルトでもデジタルでもなく、ロジカルに麻雀を研究するサイト


誰もリーチしていない場合

誰もリーチしていない場合は、期待値は全員等しく0であると考えます。この状況から自分がリーチをした場合の期待値が次のグラフです。子1が自分を表すものとします。

 

 

和了確率が20%で和了点が8,000点であるため、期待値としては1,600点です。他家がリーチしていないためロンがなく、これはすべてツモでの期待値になります。このときの親は4,000点の支払いとなり、20%をかけると期待値 は-800点ということになります。同様に子の期待値は-400点です。

このように、他家からリーチが入っていない場合には、純粋に自分だけが期待値がプラスという状況になります。つまり先制リーチは有利ということです。もちろん、追っかけリーチや、鳴き仕掛け、ダマでの和了などは考慮していませんので、実際にはもっと複雑です。 しかし、他の人よりも早くリーチをかけるのが有利であるということは変わりません。

 

一つ上に戻る

トップページへ戻る

 

Copyright 2006-2012  あらの(一人)麻雀研究所 All rights reserved.   あら ( ara999 あっと gmail.com )