あらの(一人)麻雀研究所

あらの(一人)麻雀研究所へようこそ!! 
オカルトでもデジタルでもなく、ロジカルに麻雀を研究するサイト


面子と面子候補の数え上げ方(続き)

ここまでの議論で、まず面子をなるべく多く取り、残りの部分で面子候補をなるべく多く取れば良い事は分かりました。

ただ、これにも例外があります。

次の手牌を見て下さい。

 

この場合、面子をまず取ると、

の二つが取れます。

残りは と字牌なので、面子候補は取れません。

これを公式に入れると、4向聴という答えが出てきますが、これは正解ではありません。正解は、

を取った場合の3向聴です。

 

つまり、面子と面子候補の合計数が4に満たない場合、面子を取れるだけ取ってしまってはいけないのです。

上に示したように、2*面子数+面子候補数、が最大となるように取らなければなりません。

ちなみに、

のように、面子の数が足りている場合には、面子を優先して取るのが正解となります。

 

前へ  次へ

トップページへ戻る

 

Copyright 2006-2012  あらの(一人)麻雀研究所 All rights reserved.   あら ( ara999 あっと gmail.com )