あらの(一人)麻雀研究所

あらの(一人)麻雀研究所へようこそ!! 
オカルトでもデジタルでもなく、ロジカルに麻雀を研究するサイト


面子と面子候補の数え上げ方(続き)

では、暗刻を先に取ればいいかというと、次のような例もあります。

この場合には

の2面子を取って欲しいのですが、先に

を取ってしまうと

が余るという事になってしまいます。面子過多でなければこれでもいいのですが、面子が余っている状態では、前者の数え方をしなければ正確な向聴数は求められません。

 

それから、次のような場合もあります。

面子はありませんから、面子候補を作るしかありませんが、そのとき、

      

の四つを取ったとします。すると、この手は四向聴と計算されてしまいます。もちろん正解は、八筒を頭と考えて、

      

の面子候補を数える方で、これなら三向聴になります。

では、雀頭を優先して取ればいいのかと言うと、それはそれで困った場合があります。例えば次の手牌です。

この場合、四筒を頭にしてしまうと、面子候補が足らなくなるため、向聴数が正しく求められません。

 

前へ  次へ

トップページへ戻る

 

Copyright 2006-2012  あらの(一人)麻雀研究所 All rights reserved.   あら ( ara999 あっと gmail.com )